読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LoLブログ-サポ専の日常

League of Legendsのサポートプレイヤーがソロランクをやっていく感じ

midアーリのビルドと立ち回りを書いた方がアクセスが集まる現象

サポ専なんですけど

私のブログはサポート専門プレイヤーが、ごそごそランクをプレイして、なんやらかんやらあって、やっとこさゴールドに到着ー

 

みたいなのりをコンセプトに運営して以降かなーと思っていたんですけれども、どうやらサポートについてもそもそブログを書いていくより、mid ahriの事書いていたほうがアクセスが増えるんですよね。

 

 

 

アクセス目当てか!

 

って思われてもあれなんですけど、

 

アクセスがある=誰かがそれを必要としている。

 

ってことだと思うんですよ。

 

つまり、サポ専ブログよりもmid ahri専ブログのほうが人の役に立つブログなんじゃないかと思ってしまったわけです。

 

midは人気ロール

なんだかんだいっても、やっぱりmidは人気ロールなわけです。

 

ソロキューやろうかなーと思っても、midは待ち時間が余計にかかるよって最初にお知らせが出てるくらい人気。

 

それにくらべてサポートは、選ぶと待ち時間が早くなるよ。おまけにどこでもオプションで変なポジションに飛ばされなくなるよという優遇具合。

 

これはひとえにmid人気とsupport不人気のなせるわざなのです。

 

不人気ロールのsupport

 

いや、サポートメインの私としましては、この不人気具合が、逆にありがたかったりするのですよ。

 

サポートでソロキュー遊びやすくなるわけですしね。他の人とロールが被って奪い合いが起きるなんてこともなくなるわけですし。

 

でもブログを書くに当たって、やっぱり需要の無いジャンルで書いていこうというのは、誰も必要としてくれない過疎ブログになっちゃうんじゃないかと思っちゃうのです。

 

私が前かいていたブログも、圧倒的な需要不足で、何年か書き続けていたのですが、結局アクセスは10人前後しか一日に集まらない感じでした。

 

いや、べつに、アクセス数が増えたところで、特に何にも無いブログだったので、楽しんで書けていましたし。そこはどうでもいいといいますか、

 

書いてて楽しいなら過疎っててもいいじゃないか

 

みたいな。

 

そんなのりだったわけですよ実際。

 

アクセスが増えると実際嬉しい

でもでも、やっぱりアクセス数が増えると嬉しいわけですよ。

 

証人欲求がどうのこうのは、心理学の偉い学者様に任せるとしまして、とにかくなんか嬉しいのです。

 

書きたいこと書いて過疎ブログになるか。

 

アクセス増えるのが嬉しくて、いろいろ手を出すのか。

 

いやね、mid ahriのことかいてて楽しくないのかといわれると、べつに楽しくないわけじゃないのですよ。

 

アクセス数増えますし。

 

アクセス数が増えて楽しいのか。

 

好きな子と好きなように書いて楽しいのか。

 

の違いとでも言いましょうかね。

 

自分でも良くわからない感じの、地味ーな葛藤的な、そんな感じなのです。

 

support記事に人気が集まる時代が来い

たのしいっちゃ楽しいですし、まぁいっか。これで。

 

でも願わくば、サポートが人気ロールになって、midアーリの記事より、supportナミの記事が人気爆発ーみたいな時代が来たらいいなーなんておもっちゃいました。

 

誰ですか、日本人は控えめでおとなしいシャイボーイが多いから、きっと日本鯖が来たら、サポートが人気ロールになるだなんて言っておった方は。。。